LINEモバイルのデメリット

LINEモバイルの致命的デメリット!?契約前に確認したい6つの注意点

投稿日:2016年11月10日 更新日:

LINEモバイル 注意点

黒猫くん
LINEモバイルに契約契約っと!

白猫ちゃん
待って待って!ちゃんと契約前にデメリットを確認しておこうよ!
黒猫くん
デメリット?そんなのあるの?

今話題の格安SIMである「LINEモバイル」を検討している人も多くいると思うのですが、契約前にきっちりとデメリットを確認しておきませんか?

LINEモバイルにMNPしてから「やっぱり大手キャリアの方が良かった〜」とはなりたくないですよね。

後悔は先に立たずなので、しっかりと契約前にLINEモバイルのデメリット/注意点を確認しておきましょうね!

LINEモバイルのデメリット&注意点

LINEモバイルのデメリット

LINEモバイルはドコモ回線のみ!-他社はSIMフリー必須!

LINEモバイルはSIMフリー化が必要

白猫ちゃん
LINEモバイルにはdocomo回線しか用意されていないからね、au/ソフトバンクを使ってるならSIMフリーにしないといけないのよ。

LINEモバイルはドコモ回線のみの提供となっています。ドコモスマホ・SIMフリースマホを持っている人はそのままLINEモバイルを使うことができるのですが、auスマホ/SoftBankスマホを持っている人はSIMフリー化が必須になってしまうのですよね。

だからau/ソフトバンクの人は注意が必要です!

au/ソフトバンクの人はLINEモバイルに乗り換える前に、大手キャリアショップorオンラインショップで「SIMフリー化」の手続きをしておきましょう。そうすることで、LINEモバイルの通信は始めて使えるようになるのです。

SIMフリー化がめんどくさいのであれば、mineo(マイネオ)のような最初からau回線が用意されている格安SIMを選ぶことを推奨します。(なお、現時点でソフトバンク回線を扱っている格安SIMはありません。)

LINEモバイルの通信速度はドコモより遅くなる?

LINEモバイルの通信速度が落ちる

黒猫くん
そういえばLINEモバイルに変えると通信速度が落ちるって聞いたけど、あれってマジなの?
白猫ちゃん
常に落ちるわけではないよ〜?普段使う分には体感速度は全く大手と変わらない感じだね。

LINEモバイルは大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)よりも通信速度が落ちてしまう傾向があります。

とはいっても、普段使う分には通信速度の低下は感じられません。

数値的に言うと大手キャリアの通信速度は平均20Mbps以上、LINEモバイルの通信速度は平均10Mbps以上なので一見半減しているように見えます。しかしスマホを快適に使用するために必要な速度は2〜3Mbps程度なので、全く体感速度に差が出ないのです。

黒猫くん
ほほー。意外と通信速度は変わらないってわけ?
白猫ちゃん
うーん。ただ時間帯によっては通信速度は落ちることもあるよ。

LINEモバイルの通信速度は、時間帯によっては落ちる場合もあります。特にお昼休みのような利用者が急増して回線が混雑する時間帯には通信速度が落ちてしまう傾向があるのですよね。

大手キャリアの場合は自社で通信設備を持っているので利用者が多かったとしても安定した回線供給ができるのですが、格安SIM「LINEモバイル」はドコモから回線を借りて運営しているため、回線利用率が増えると回線が圧迫されて通信速度が落ちる場合があるのです。

とはいっても、SNS(LINE/Twitter/Facebook)は速度がそんなに必要ないためお昼休みでもサクサクできるし、軽いゲーム程度(パスドラ/モンスト)であれば問題なくプレイできるはずですよ!

黒猫くん
にゃるほど。たまに速度は落ちるけど、そんなに僕の場合はそんなに支障なさそうかも!

LINEモバイルではキャリアメールが使えなくなる

キャリアメールが使えないLINEモバイル

白猫ちゃん
LINEモバイルにすると今まで使っていたキャリアメールが使えなくなるから注意ね!

LINEモバイルに契約すると、大手キャリアを解約することになるのでキャリアメール(@ezweb.ne.jp、@docomo.ne.jp、@SoftBank.ne.jp)が使えなくなってしまいます。

とはいっても、今はLINEでのやりとりが主流になっているのでキャリアメールがなくなっても困ることは少ないと思います。

キャリアメール以外にも「Gmail」「Yahooメール」などの優秀なフリーメールが存在していますので、こちらのサービスを利用するように切り替えましょうね!

黒猫くん
僕は確かにLINEのやり取りがメインだから大丈夫かも!

かけ放題が使えない-通話料が高くなる?

かけ放題が使えないLINEモバイル

白猫ちゃん
LINEモバイルではかけ放題は使えなくなっちゃうから、電話が多かった人は気をつけた方がいいかも!

大手キャリアだと電話の「かけ放題プラン」も選べましたが、LINEモバイルにはかけ放題プランはありません。

もちろん「LINE電話」はこれまでと同じように無料で使えるので家族・友達との通話は困らないと思いますが、仕事などで「電話」をたくさん使っていた方は注意です。LINEモバイルでの通話は20円/30秒(1時間2400円)の料金がかかりますからね。

黒猫くん
え、1時間2400円って高すぎない!?
白猫ちゃん
でもこの料金は楽天電話を使えば半額に抑えられるから、そんなに心配はないよ。
楽天でんわ -番号そのままで通話料がお得-
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料

ビジネス、レストラン予約、急ぎの電話などLINE電話では対処できない場合もありますよね。そんな時は楽天でんわのアプリを経由して電話することをおすすめします。

普通なら20円/30秒の料金がかかってしまいますが、楽天でんわのアプリを経由すれば電話番号そのままで半額(10円/30秒)の料金に抑えることができます。しかも相手には普通の電話と同様に通知されるので、ビジネスシーンなどでも失礼はありません。

黒猫くん
アプリを使えば通話料も安くできるんだね〜!
白猫ちゃん
そうそう!しかも使った分だけの通話料で良くなるから、むしろ通話料は今までより安くなるかもよ?

今まで大手キャリアのかけ放題(月2700円)やカケホライト(月1700円)に半強制的に入らされていたと思いますが、LINEモバイルでは使った分だけの通話料で良くなるのです。

だからよっぽど電話をする人でもない限りは、通話料金はむしろ安くなる可能性が高いですね。だからLINEモバイルに変えたからと言って通話料が必ずしも高くなるということはありませんのでご安心を!

大手キャリアの違約金9500円がかかる

大手キャリアの違約金

白猫ちゃん
更新月以外で大手キャリアからLINEモバイルに乗り換えようとすると、違約金(9500円)が取られてしまうよ。

大手キャリアに2年縛りがあるのはご存知ですよね?

この2年縛りの真っ最中にLINEモバイルに乗り換えると、違約金(9500円)が取られてしまいます。しかし、大手キャリアに留まり続けたほうが損という考え方もありますので、9500円払ってでもLINEモバイルに乗り換えるのは十分アリです。

もし違約金を回避したいなら、更新月(契約24、25ヶ月目)で乗り換えるようにしましょうね!

LINEモバイルには1年縛り&違約金がある(通話SIM)

白猫ちゃん
音声通話プランの場合、契約1年以内に解約すると9800円の違約金がかかるから気をつけてね。
黒猫くん
つまり1年縛りがあるってことか。

LINEモバイルには1年間の最低利用期間があります。最低利用期間は利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日までとされています。(なので厳密には最大13ヶ月ですね。

この期間中にLINEモバイル(通話SIM)を解約すると9800円の違約金が発生します。なので、通話プランを契約される際には慎重に契約をするようにしましょうね。

LINEモバイルのデメリット/まとめ

LINEモバイル 注意点
ざっとまとめるとLINEモバイルのデメリット・注意は以下のとおりです↓

  1. 通信速度が大手キャリアより落ちることがある
  2. キャリアメールが使えなくなる
  3. かけ放題が使えなくなる?
  4. 大手キャリアの違約金がかかる
  5. 1年縛り&違約金がかかる

これらをちゃんと把握した上で、LINEモバイルに乗り換えるようにしましょうね!

-LINEモバイルのデメリット

Copyright© ライモバ!- LINEモバイルにMNPする方法をまとめてみた! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.